入浴剤の種類や効果について

温泉由来成分が含まれている入浴剤は、皮膚のたんぱく質と結合することでベールがつくられ保湿効果を高めることができます。
そのため、皮膚の表面温度が変化し入浴によって得ることができる清浄効果や温浴効果などをより高めることができます。
次に保湿の成分が配合されているタイプは皮膚の角質が軟化することで、肌をよりなめらかにします。
ひびやあかぎれ、あせもを予防したいと考えている方におすすめです。
水分量が変化するので、湯上り後も肌がすべすべでしっとりとします。
そして、炭酸ガスが含まれている入浴剤は血行促進の効果があり、身体を温めることができ、反対に炭酸水素ナトリウムやメントール、ペパーミントオイルなどが含まれているタイプは清涼成分によって涼しく入浴ができます。
このような入浴剤を使い分けることでより効果を実感することができます。
疲れがとれないので朝にスッキリしたいなら、湯上りからスッキリできるクールタイプ、ストレスや不安で寝付けないという方は、リラックスできる香り成分が含まれるタイプなどを選んでみましょう。
冷え性や肩こり、腰痛、足のむくみなど身体に不調を感じている方も、入浴の際に利用するのはおすすめです。

気分にあわせて入浴剤を変えてみましょう

入浴剤と一口にいっても、そのタイプはいろいろです。
健康志向の人におすすめなのは、ある程度薬用効果や効能があるものです。
たとえば血行をよくする働きがあるもの、肌をすべすべにするもの、温泉成分が入ったものなどがこのタイプになります。
これらは、比較的安価でデイリーに使ってもらう事を前提としている事が多く、使い方も簡単で、タブレット型のものが少し発泡するタイプやシャンプーの様な液体状のものがボトルに入ったタイプがありますが、いずれも使い勝手が良い様に個別包装になっていたり、風呂場にそのままおける様にデザインされています。
温泉地に行ったときに、湯の花成分の入浴剤を購入するのも良いですね。
一方で、単にリラックスしたいとかラグジュアリーな気分に浸りたいという場合には、バラの香りやジャスミンの香りなど芳香性が高いものがおススメです。
ポイントはあくまで好きな香りのものを選ぶことです。
これらの中には、比較的高価で装飾性が高いものもあります。
たとえばバラの形で一枚一枚はなびらの様に造形されたものは、そのままお風呂に浮かべてバラ風呂気分になります。
しかも、そういうものの多くはシャワーでお湯を入れれば、ハリウッド映画に出てくる様な泡がぶくぶくと出てくるものが多く、気分はハリウッド女優です。

pickup

パーソナルスタイリスト

カルティエ 買取査定

浮気調査 大阪

最終更新日:2017/8/23